スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラス越しに覗く空 05

なんかおかしな気がするけど、読み返さない

「まぁ、持てあまされとるんやろうな」

アリスはまるで他人事のように言って、ジャガイモとバジルのクリームソースパスタを美味そうに頬張った。
ちなみに火村の前にはグルーピーカルボナーラがあったりする。
「警視総監…?」
「おん、元やけどうちのじいさんがな」
「で、父親が公安にいるのか?」
「そうそう。結構えらいんやて。やから俺もまぁ平にはしておれんよなぁ」
やはり他人事のように言ってアリスは笑った。
「けど、俺はおとん達と違ってそない優秀やないし。むしろ無惨すぎる遺体見たら吐いてまうし」
一応昇進試験は受けさせられ、合格し、今の地位にいるが持て余されている。
それが現状だという。
「この税金泥棒…と罵った方がいいのか?善良な納税者としては」
「その謗りは…甘んじて受けなあかんやろうな」
火村の言葉にアリスは妙に鹿爪らしく言い、しかしすぐに「君の二倍は給料貰っとる気がするし」とからから笑った。
火村はあまりにあっけらかんと言うアリスに怒るタイミングを完全に逃してしまった。
「お前な…。まったく…ここの払いは頼むぜ、アリス」
「任しとき」
「ついでにワインも追加…したいとこだが、それは次にしといてやる」
二人ともこの後運転をしなくてはならない。酒を体に入れるにはいかないのだ。
「次、宅飲みするときには旨い酒用意しとくわ」
「当たり前だ…ん?そういえば、マンションの部屋は買ってるのか?」
「ん。そやで」
さらりとアリスは言う。
「ったく、本当に腐った公僕だな」
「自覚済みや堪忍し。ちなみにあの部屋はじいさんからもらったんや」
「元総監?」
「そ、今はセキュリティ会社の顧問やな」
からになったパスタ皿が下げられ、二人の前には香りのよりコーヒーが運ばれてきた。
「身内の俺が言うのもなんやけど、がめついじいさんやねん、うちのマンションもやけど、他にもいくつかのマンションに部屋を買ってそれを貸しとる」
「すごいな」
火村にはあまり金銭欲はないが、殺人事件には男女関係のもつれとともに金銭関係のもつれが一番多い。
そして時には中には資産家が犠牲なり巻き込まれるケースがあり、火村も一度ならず立ち会った事があるのだが、アリスの家の資産状況はそのどれよりも大きく上回っている気がした。
「もっとすごいのは、婆さんが東北の大地主の娘で山を三つもっとるとか、叔父さんが海外で日本人向けのツアー会社を立ち上げて大成功したとかやない、なんやと思う?」
他のものが同じことを言えば金持ち自慢に聞こえるかも知れないが、アリスの口調はやはり他人事のようでまったく嫌みがない。
「さぁ、女か?」
「お、さすが名探偵」
それほど難しい推理でもないはずだがアリスはひどく嬉しそうに笑った。
「今はご時世がご時世やし、年も年やからそちらについては控えとるようやけど、少し前は三人も四人も愛人かこっとったらしいわ。お陰でおかんには腹違いの兄弟が6人もいてるらしいわ」
「そりゃまた…素晴らしいじいさんだな」
「はは、せやろ。俺、今からじいさんが死んだときの遺産争いを楽しみにしてるんや」
「そんなもん楽しみにするなよ」
火村は呆れるが、アリスは本気で楽しみにしているらしい。「やってやぁ」と言って身を乗り出す。
「本妻の子はおかんも入れて3人やろ。それに腹違いの子が6人、元愛人が4人なんやけど、これがまた揃いも揃って気が強くてすごいねん!」
それにまだ口を出しそうなんがおる。とアリス。
「長年住み込みで働いてくれとる人が3人、同じく主治医をしとる女医さん、それからじいさんが気に入って養子にしとるのが1人、某会社を実質任されとるのが1人。俺が知っとるだけでもこんだけいてる!これからまだまだ兄弟の契りをかわしただれそれとか、現役時代の戦友とかボロボロ出てきてもおかしないわ!」
興奮するアリスをなだめるように火村は軽く手を振った。
「これが殺人事件なら容疑者が多すぎて捜査が難航しそうだな」
「『有栖川家殺人事件』」
「密室で殺された資産家」
調子を合わせるように言えばアリスは喜んで目を細める。
「朝もやに消えた謎の人物」
「被害者の首はどこに消えたのか」
「んー…死亡時刻に時を止めた金時計」
「凶器についたウサギの毛は何を意味するか…か?それじゃアリス、死体はお前になっちまう」
「あれ、ほんまや」
「もしくはお前が犯人…か」
「ええな」
「よかねぇよ」
間髪入れず返す。
アリスは火村の声に微かな苛立ちを嗅ぎとる。アリスはもう一言だけ調子のいい事を言おうかと思ったが、結局やめた。
その変わりにメニューを取り、「デザートもくわへん?」と火村を誘った。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。